カラオケ会のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年の瀬ですね、いよいよ本年最後のカラオケ会は、

12月23日(土)の天皇誕生日になりました。

今年も「天皇」に関してはいろいろな話題がありました。

 

まだ小学生でしたが初めて憲法なるものを知ったとき

「天皇は国民の象徴」とありました。この象徴という言葉の意味が

何とも理解しがたかったことを覚えています。

まだ昭和30年代、敗戦から10数年しかたっていない時代です。

先生もつまびらかには説明が出来なかったのではないでしょうか。

その後「天皇制」という言葉を知ります。それは多くの場合、

天皇制廃止とつながっていきます。あるいはあの大戦における

「天皇の戦争責任」を問いかける論調がありました。

多くの兵士が「天皇陛下、万歳」と叫んで死んでいった事実には

大きな責任があると私も考えていました。

 

しかしその多くはすでに亡くなられた昭和天皇に向けられたもの

かもしれません。現在の今上天皇が見事だと思えるのは天皇に対する

否定的な要素をその行動によってひとひとつ取り除いてこられた

ことだと思います。地震など自然災害があれば直ちに率先して

避難所などに駆けつける、そして避難した人々に膝まずいて言葉をかける、

あの姿勢はすばらしいですね。いつもそうしたニュースに触れると

宮澤賢治の「雨にも負けず」の詩を想い出していました。

「東に病気の子供あれば、行って看病してやり、西につかれた母があれば・・・・」

という有名な詩です。

 

今上天皇の30年にわたる真摯な宮澤賢治的な活動が象徴の意味を解き明かし、

世の中の天皇制廃止論を吹き飛ばしてきたように思います。

2019年での退位、本当にお疲れさまと申し上げたいですね。

 

さてカラオケ会です、今年最後になりました。

ここのところやや参加者が少なかったようです。

クリスマス会のような特別なイベントは致しませんが

元気に歌って今年を締めたいと思います。

どうぞ皆さん、こぞっておいで下さい。お待ちしています。                  

(幹事・金子正和)

 

1 日時 12月23日18:00~21:00

2 場所「飲み処がらん」℡042-384-2028

3 会費 男性3000円 女性2000円

4 ご質問があれば金子まで℡をください。(℡090-1996-9292)