カラオケ会のご案内

 

先日、六本木の国立新美術館で開催されている建築家の個展、

「安藤忠雄展=挑戦=」に行ってきました。

日本では世界的にも優秀な建築家がなぜか数多く輩出されています。

自然との一体感を大事にする日本的な美意識との関連でしょうか。

そのあたりは分かりませんが優秀な建築家の中でも安藤忠雄は

ひときわ大きな山のように映ります。プロフィールも実にユニーク、

プロボクサーを経て世界放浪へ、大学へは行かず建築は全くの独学、

これで東大教授ばかりかエール、コロンビア、ハーバード大学の

教授を歴任するなんて人はなかなかいませんね。

個展では建築模型と写真でその仕事を紹介していますが、

その多彩さと量の多さは驚くほどです。

でも面白いのは一番初期の受賞作品「大阪の住吉の長屋」。

狭い立て込んだ地域の小さな住宅、安藤のデザインは

コンクリートの直方体の箱を作り、ど真ん中を屋根ごと

切り取って中庭にしたもの。雨天だと隣の部屋へ行くのにも

傘がいりそうですが、中庭からはお陽さまの光も四季の便りも

直接、飛び込んできます。

もう一つ、大変面白く感じたのが野外展示場に再現された

代表作「光りの教会」。教会は信者の座る椅子が正面の祭壇に

向かって並んでいますが、「光りの教会」では正面の祭壇の

代わりに巨大な壁、そしてその壁のセンターに十字状の隙間が

作ってあるというもの。教会内に入ると外光を受けた隙間が

巨大な十字架になります。これが安藤建築では必須のとても

美しい打ちっぱなしのコンクリートを使って原寸大で

再現されています。物を作るプロとはいえ4Fのビルくらい

ありそうな展示品には、その経費など余計な心配をしてしまいました。

 

さてカラオケ会ですが天候が何とも不順ですね。もう12月上旬の気温なんて

天気予報がでているなかで、来週は台風が来てしまうかもとは困ったものです。

カラオケ会はいずれにしましても元気に開催です。どうぞおいでください。

(幹事  金子正和)

1 日時 10月28日18:00~21:00

2 場所「飲み処がらん」℡042-384-2028

3 会費 男性3000円 女性2000円

4 ご質問があれば金子まで℡をください。(℡090-1996-9292)