第6回 「ブラ小金井」 (小金井稲門会 街歩き) ご報告

2017年9月30日(土曜日)に第6回「ブラ小金井」を開催しました。

当日は爽やかな秋晴れに恵まれ、西村会長をはじめ16名(うち女性6名)

の方々に参加いただき、野川公園から国立天文台までのウォーキングを楽しみました。

西武多摩川線の新小金井駅を13時過ぎにスタートし、先ずは野川公園・自然観察園へ。

「自然観察園」は野川の北側に位置し湧水や豊かな緑が残されており、

ボランティア・ガイドさん4名による約1時間の野草観察を楽しみました。

自然観察センターで暫し休憩の後、野川沿いを歩き、

「三鷹・大沢緑地」に到着。ここでは、竹林の崖を登り、

東京都指定史跡である7世紀頃の「出山横穴墓群」を見学しました。

その後は、国分寺崖線(ハケ)の長い急階段を上り、

見晴らしの良い「崖の上の遊歩道」を辿って国立天文台に向かいました。

「国立天文台・三鷹」は、前身である東京天文台が大正3年から13年に

かけて麻布から三鷹に移転してきたものです。武蔵野の自然が残る構内を

散策しながら、移転当時の面影を残す観測施設(国登録有形文化財)を

見学しました。日本最大の屈折望遠鏡(口径65㎝)が備えられた

大きなドーム建物(1926年建設)ではスタッフの説明を聞き記念撮影。

(下の写真)

最後はバスで武蔵小金井駅に向かい、17時30分にゴール。

「12,100歩・約8.5㎞」のウォーキングが無事終了しました。

皆さまのご協力に感謝します。

その後、居酒屋で「打ち上げ会」を行い、

次回を楽しみにしつつ19時半頃に解散しました。

今後も楽しい街歩きを企画しますので、よろしくお願いします。

                                               

(報告者:長坂)

野川公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然観察園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハケの階段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国立天文台 ( 65㎝ 屈折望遠鏡の前で)