カラオケ会のご案内

 

先日、おもしろい本に出会いました。

「暗幕のゲルニカ」、20世紀でもっとも有名な絵画といわれるピカソの

「ゲルニカ」を題材とした小説です。

作者の原田マハはモネやルノワール、ピカソなど著名な画家を

小説に仕立てています。1~2世紀も前に活躍していた画家が目の前で

生きているように描いてくれるわけでその画家の人となりや、

時代背景がよくわかります。

 

「ゲルニカ」という絵は縦3,5m×横7,8mもある大きな作品で、

1937年に開催されたパリ万博・スペイン館の目玉展示物でした。

ピカソは当時55歳、すでに世界的巨匠として多くの傑作を生みだしており、

これもスペイン政府から依頼されたわけです。

何を描くか悩んでいたピカソにゲルニカ空爆の報道が届きます。

ゲルニカとはスペインのバスク地方の古い町、そこに3000発の焼夷弾と

市民への無差別銃撃がされたそうです。スペインの独裁者・フランコ将軍を

支持したドイツ・ナチス、ファシズムによる惨殺です。怒りに震えたピカソは

新聞を引きちぎり、アトリエにこもってこの大作を35日間で描き上げたそうです。

死んだ子供を抱いて泣き叫ぶ女、腹を切られ息も絶え絶えに苦しむ馬、

折れた剣を握りしめて横たわる兵士、燃える家、ピカソの独特のタッチで

描かれた地獄絵です。展示された万国博では多くの議論を呼び起こしました。

 

小説はこの「ゲルニカ」をベースに2001年9月11日のあの同時多発テロや

2003年のイラク空爆など時代を飛びながら展開していきます。

しかし著者が語りたいのはアートの持つメッセージ力です。

ピカソのファシズムへの怒りが20世紀でもっとも著名といわれる絵画を

生み出したのです。本の冒頭にピカソの言葉が載っています。

「アートは装飾ではない、武器だ」と。

 

この間、会員の大賀さんのミニコンサートに行ってきました。

音楽鑑賞会の第1回イベントということもあり、10数人の皆さんが

参加していましたね。大賀さんの歌声はさすがでした。

 

カラオケ会も負けずにやりましょう。

                         (幹事・金子正和)

1 日時 5月27日18:00~21:00

2 場所「飲み処がらん」℡042-384-2028

3 会費 男性3000円 女性2000円

4 ご質問があれば金子まで℡をください。(℡090-1996-9292)